施工事例

2024/05/18

福岡市東区高美台・腐食したウッドデッキの修繕工事!!

ウッドデッキ 補修工事

▶ウッドデッキ補修工事

 使用した木材:セランガンバツ 柱90*90(V溝)・デッキ材30*120(リブ加工)

 使用した塗料:キシラデコール #108パリサンダ
▷工事場所: 福岡県福岡市東区高美台


みなさん、こんにちは。
福岡市東区の断熱リフォーム会社 エコマド工房の塩田です!


福岡市東区の戸建て住宅でウッドデッキの補修工事を行いました。

お客様が中古購入時、デッキの上には人工芝が敷かれていた為に気付くのが遅くなったのですが、既存のウッドデッキは大引きや床材の補修として一部杉材を使われており腐食が進んで危険な状態でした。

全て解体すると費用も高額になる事から、バツ材を使用している箇所は残したまま、腐食箇所をセランガンバツを使用して補修していきます。


その際に柱腐食防止として、基礎パッキンを柱の下に敷き、金具で固定していきます。

また木材の切断面にも大工さんの方で塗装を施してもらい、小口からの腐食を防止する処置を行いました。


これまでの人口芝を気に入られていたのですが、どうしても水捌けが悪く腐食を促進してしまうという理由から今回は撤去させていただきました。

全ての根太掛けやその他杉材を交換しましたので、ガッチリ頑丈なウッドデッキを取り戻す事が出来ました。


塗装は新旧のデッキ材で色差が目立ちますが、これからメンテナンスを重ねる事で馴染んでいくと思います。

まずは安全性をしっかり確保できてお客様にも喜んでいただけました。



エコマド工房は、外構工事だけではなく家全体のリフォーム工事を行っています。
住宅省エネ2024キャンペーンと先進的窓リノベ2024事業がスタートしました! 遮熱・断熱リフォームは、キッチン・バスルームのリノベーション工事と同時施工も可能です。


エコマド工房は福岡県で省エネにつながる断熱リフォームや高断熱住宅を提案しています。 福岡県福岡市で窓・ドアの台風対策や断熱対策、高断熱住宅のご相談はエコマド工房へお問合せください!!


福岡市近郊まで断熱リフォーム・遮熱リフォーム工事・リノベーション工事にお伺いさせていただきます。 家のお困り事がありましたら、下記リンクよりお気軽にお問合せください。

ウッドデッキ 補修工事
ウッドデッキ 補修工事
ウッドデッキ 補修工事

大引きの腐食が進んで強度が確保できない状態でした

ウッドデッキ 補修工事

セランガンバツを使い木材の取替と、耐震金具で補強しました

ウッドデッキ 補修工事

杉材の前桁

ウッドデッキ 補修工事

セランガンバツで前桁を作り、耐震金具で補強しています

ウッドデッキ 補修工事

部分的に杉材を使って継ぎはぎの補修をされています

ウッドデッキ 補修工事

柱は全てセランガンバツに交換。基礎との間に基礎パッキンを噛ませ、耐震金具で補強しています

ウッドデッキ 補修工事

既存の柱は基礎に乗せているだけの状態でした。部分的に杉材が使われています。

ウッドデッキ 補修工事

柱は全てセランガンバツに交換。基礎との間に基礎パッキンを噛ませ、耐震金具で補強しています


ウッドデッキ 補修工事

大引きにも杉材が使われ、腐食が進んでいる状態でした

ウッドデッキ 補修工事

柱は全てセランガンバツに交換。基礎との間に基礎パッキンを噛ませ、耐震金具で補強しています


ウッドデッキ 補修工事

完成したウッドデッキ①

改修により、安全性を最優先に確保する事が出来ました

ウッドデッキ 補修工事

完成したウッドデッキ②


定期的な塗装をする事で、新旧ガンバツ材の色の差はなくなっていきます


ウッドデッキ 補修工事

朽ちた大引き(杉材)①

大引きは写真のように腐ってしまい、原形を留めていませんでした

ウッドデッキ 補修工事

朽ちた大引き(杉材)②


釘を打った部分から水が入り続け、腐ったと思われます