断熱えこまどブログ

2024-06-14

窓が寒い!窓を断熱しないと、無駄なお金を払い続けます!!

窓の断熱 先進的窓リノベ事業

みなさん、こんにちは。
福岡市東区の断熱リフォーム会社 エコマド工房の塩田です!


自宅をサーモカメラで測定してみましたので、窓の寒さでお困りの方は参考にご覧ください。



・測定日:2023年12月19日(火) AM8:00

・測定地点:福岡県福岡市東区

・気温予報:最高気温9℃/最低気温3℃

・外気温(測定):4℃

・室内温度(測定):23℃

・エアコン設定:23.5℃

・サッシ方角:南側

・サッシ種類:外部・アルミ/内部・アルミ、複層ガラス空気層8ミリ(ガスなし)

・建物:2023年3月完成・新築の賃貸マンション



1.リビングサッシの測定結果

リビング 窓 寒い 断熱

室温(測定)

断熱リフォーム 寒い

室温は23℃、エアコン設定温度は23.5℃。

リビング:窓リフォーム節電チェッカー

窓 寒さ対策

13℃あたりを示しています。

LIXILさんの節電チェッカーには『10℃を下回ったら要注意!』と書いてありますが、13℃でさえ24時間暖房をつけているにも関わらず足元に風を感じるくらい(コールドドラフト現象)床上の温度は寒いです。

リビング:サッシ縦框部分 サーモグラフィー画像

サッシ 寒さ対策 DIY

サーモグラフィーカメラでも13.4℃を計測

リビング:サッシ下桟部分 サーモグラフィー画像


窓 サッシ 隙間風

下桟は縦框より冷たく、8.8℃を計測。足元に行くほど、冷たくなる事がわかります。


リビング:複層ガラス(ペアガラス)部分 サーモグラフィー画像


ペアガラス リフォーム

ペアガラス部分は、14.3℃を計測。縦框部分+0.9℃

空気層が8ミリしかない複層ガラスですので、断熱性能が低いです。

最適な空気層は16㎜、更にLow-E複層ガラスやアルゴンガスなどの断熱対策が必要。

リビング:レースカーテン部分 サーモグラフィー画像


断熱カーテン 内窓 補助金

レースカーテン部分は、20.6℃を計測。レースカーテンを閉めるだけでも断熱に効果がある事がわかります。


リビング:ドレープ(厚手の)カーテン部分 サーモグラフィー画像


カーテン 寒さ 防げる

ドレープカーテン部分は、22℃を計測。レースカーテン+ドレープカーテンで表面温度は、ほぼ室温に近づきました。日没以降は、カーテンを閉める事も断熱に効果的です。ちなみに足元からの冷気流入は防げません。


2.勝手口採風ドアの測定結果

ドア 寒い 冷気

寒くて妻が何か貼っています。

勝手口採風ドア:ドア下桟部 サーモグラフィー画像


ドア交換 断熱

勝手口採風ドアの下桟部は、10.1℃を計測。キッチンから冷気がリビングに入ってくる原因はこのドアです。

足元に行くほど、冷たくなっている事がサーモグラフィー画像の色でわかります。


画像勝手口採風ドア:ドア下部アップ画像


勝手口ドア 寒さ対策

枠と障子の隙間から風が入ってきている事がわかります。

白い粉状の汚れは、隙間風により隣の建築現場の粉塵がアルミ框に付着したものです。





窓の断熱は、室内断熱と光熱費削減に効果絶大!!

子供のいる生活

窓から入って来る冷気は、床で生活する子供達や猫ちゃん・ワンちゃんにとっては厄介者です。

また24時間冷暖房を稼働させると、電気代も高額になって家計負担も大変ですよね。


いまだと最大50%戻って来る補助金、先進的窓リノベ2024事業を使って、窓の断熱リフォームが可能です。

窓からの寒さを何とかしたい、結露を防ぎたいという方は、2024年に内窓設置やカバー工法での断熱窓交換をご検討ください。




住宅省エネキャンペーン2024・先進的窓リノベ事業2024がスタートしました!
遮熱・断熱リフォームは、キッチン・バスルームのリノベーション工事と同時施工も可能です。


エコマド工房は全国各地で省エネにつながる内窓(二重窓)を使った窓断熱リフォームやカバー工法の断熱玄関リフォームを提案しています。
窓・ドアの断熱内窓インプラスやカバー工法リプラス、リシェント取替玄関のご相談はエコマド工房へお問合せください!!


福岡市東区を拠点に全国各地のご相談、セカンドオピニオンをお受けいたします。
家のお困り事がありましたら、下記リンクよりお気軽にお問合せください。


関連実績