断熱えこまどブログ

2024-07-16

冷房嫌いな方、家の断熱性能が足りていないかもしれません!

高気密高断熱住宅

みなさん、こんにちは。
福岡市東区の断熱リフォーム会社 エコマド工房の塩田です!

最近お客様とお会いすると、夏の冷房の風が苦手という方は意外と多いことに気が付きます。実は、この問題の背後には、我々の住環境の断熱性能の低さが関係しているってご存じでしたか?



住宅の断熱性と体感温度
住宅の断熱性能が低いと、外の暑さが家の中に入り込みやすく、また逆に冷房の効果が外に逃げやすくなります。結果、エアコンを頻繁に作動させる必要が出てきます。

エアコンが頻繁に作動するという事は、常に冷たい風が出続けて頭や体に当たり続けることを意味します。その影響で冷房をかけた部屋にいると頭が痛いとか、冷たい風が苦手という方が多くなっているんですね。


体感温度というのは、空気の気温だけでなく、天井や壁、床の表面温度にも大きく影響されます。たとえば、壁や天井が熱くなると、その放熱によって我々は部屋全体が暑く感じるのです。そして、こうした状況で冷房の風が直接当たると、冷たさを強く感じ、不快に思うことがあります。



断熱住宅と体感温度の関係
断熱性の高い住宅は、冷暖房の効果を最大限に活用することができ、エネルギーロスを最小限に抑えることができます。これにより、エアコンをつけたときに、部屋全体が均等に冷やされ、冷房の風を直接感じることなく快適に過ごすことができるのです。



断熱改善の方法
住宅の断熱性能を向上させる方法として、以下のようなものが考えられます。
断熱材の導入:壁や天井に断熱材を導入することで、室内の温度を一定に保ちやすくします。
二重窓の取り付け:窓を二重にすることで、熱の出入りを大きく減少させることができます。
遮熱フィルム:窓ガラスに遮熱フィルムを貼ることで、太陽光の熱を遮断します。



まとめ
冷房の風が苦手と感じるのは、私たちの住む環境、特に住宅の断熱性能に関連していることが多いのです。断熱性を高めることで、夏の暑さの中でも室内では快適に過ごすことができるようになります。これからの季節、快適な住環境を追求する一助として、断熱対策をぜひともご検討ください。



エコマド工房では断熱リフォームのデメリットを少しでも解消する為、『非破壊断熱工法』で断熱リフォーム工事を行います。
壊さない事で初期費用を抑えられ、最短工期2日間と仮住まいも必要ありません


遮熱・断熱リフォームは、キッチン・バスルームのリノベーション工事と同時施工も可能です。


エコマド工房は福岡市東区で省エネにつながる断熱リフォームや高断熱住宅を提案しています。
福岡市東区で窓・ドアの台風対策や断熱対策、高断熱住宅のご相談はエコマド工房へお問合せください!!
福岡市近郊まで断熱リフォーム・遮熱リフォーム工事・リノベーション工事にお伺いさせていただきます。


お問合せは下記URLよりお気軽にご連絡ください。
お読みいただきありがとうございました。


IMG_0282

関連実績