断熱えこまどブログ

2024-07-16

断熱窓への交換は1日で工事完了するってご存じでしたか?

断熱窓交換 リプラス カバー工法

みなさん、こんにちは。
福岡市東区の断熱リフォーム会社 エコマド工房の塩田です!

今日は断熱窓への交換についてお話しをさせていただきます。


窓の断熱っていうと内窓・二重サッシをイメージされる方が多いんですが、省エネエコポイントに始まりいまの先進的窓リノベ事業などの補助金対象商品になっている事で大きく宣伝されたなと感じます。

でもお客様によっては、2回窓を開けるという動作を不便に感じる方がおられるのも事実です。

そこで窓自体を交換すれば、新築のサッシのように断熱窓にする事ができます。ですが、多くのお客様は窓交換って壁を壊して工事するので工事期間中が大変と思われているようです。ここは真摯にメーカーや私達リフォーム業者の宣伝不足を反省する点ですね。


実は、窓交換って1日で工事完了できるんです!しかも壁を壊さずに!!

どういう方法で交換するかっていうと、カバー工法と言って既存枠の上から新設枠をかぶせて施工します。

壁を壊さないので、大工さんや左官屋さんも不要です。

朝工事に入れば、夕方には新しい高断熱サッシになっているのですからお客様の生活への負担が少ないですよね。


もちろん補助金対象になっていますので、窓の断熱を考えられている方は早めの工事がお得です。


もし、このブログを見られた方でご実家やお友達が戸建て住宅にお住まいでしたら、是非お得な補助金の話しを教えて差し上げてください。

きっと喜ばれますよ!


エコマド工房は福岡市東区で省エネにつながる断熱リフォームや高断熱住宅を提案しています。
福岡市東区で窓・ドアの台風対策や断熱対策、高断熱住宅のご相談はエコマド工房へお問合せください!!
福岡市近郊まで断熱リフォーム・遮熱リフォーム工事・リノベーション工事にお伺いさせていただきます。


家のお困り事がありましたら、お気軽にお問合せください。



お問合せは下記URLよりお気軽にご連絡ください。

https://eco-mado.com/contact/

お読みいただきありがとうございました。


シングルガラス(単板ガラス)は熱を多く通します。

断熱窓交換 リプラス カバー工法

トリプルガラス(三重ガラス)は熱の流入が少なく、エアコン負荷が抑えられるのでECOで経済的に暮らせます。


断熱窓交換 リプラス カバー工法

単板ガラスの引違い窓で熱還流率が6.0W/㎡・kですが、リプラス高断熱汎用枠のトリプルガラスになると熱還流率1.22W/㎡・kと格段に性能が上がります。

単純計算で約5倍の性能アップ!!

九州・福岡でトリプルガラスまでは必要ありませんが、リプラス高断熱汎用枠のペアガラス仕様(熱還流率1.62W/㎡・k)でも約4倍の性能アップになります。

関連実績